faxで広告を出す時に注意すべき点を説明します

様々な広告手段がある中で、最近の主流はメール広告と言えます。インターネット回線とメールアドレスがあれば簡単に送付でき、コストも抑えられます。しかしながら、相手に開封してもらわないまま時期が過ぎてしまったり捨てられてしまったり、迷惑メールに分類されてしまったりというデメリットがあります。そこで、開封した状態で送付できるfaxによる広告宣伝が注目されています。広告は見てもらわなければ意味がありませんから、届いたら即見られるfaxは大変効果的です。しかしながら、相手にとっては不要な情報である場合もあります。そうした場合、faxによる広告宣伝を拒否したいという申し出があるということを知り、注意しなくてはなりません。また、メールと違いfaxは受信の際に音が発生しますから、発信する時間帯には注意すべきです。

faxで広告する際は配信停止機能をつけるとクレーム減

メールに比べて紙代や原稿を用意する必要など、お金と手間のかかるfaxによる広告ですが、必ず見てもらえるという点では大きなメリットがあります。しかし、相手が選別する猶予を与えない広告方法のためクレームに発展しやすいというデメリットも有しています。そこで、必ず「今後の配信停止を希望する」などといった配信停止のできる方法を明記し、その意思表示に基づいた発信リストの更新をしましょう。また発信時間は、早朝や深夜を避け、相手の迷惑にならない範囲で行いましょう。faxを受信する際は、相手先の紙やインクを使用することになるため、個人や従業員の少ない小規模な会社では「迷惑なもの」という認識が生まれやすいです。そのため発信時間や相手に興味を抱かせる広告内容について、よくよく検討が必要です。

faxの広告は売り上げにつなげる集客手段としよう

faxで広告を発信する際は、売り上げをあげることに直結させようと考えるよりも、相手のニーズを理解し、自社の商品や取り扱うサービスに興味を抱いている顧客を集める目的で利用するのが良いです。ゆえに、顧客の詳しい情報を集める見返りとして、相手にもメリットを感じてもらえるものを用意しましょう。例えば、「登録してくれたら『無料で』この本を差し上げます」など記載し、返信欄を設けるのです。顧客情報が集まれば、直接アポイントを取ることも容易くなりますし、その後の営業活動もしやすくなります。インターネットの普及により、faxの広告は一見時代遅れな手段と思われがちですが、広告は目につかなければ意味のないものです。そうした意味で大変効果的な広告手段が、faxを使用した方法です。メールなのかfaxなのかは営業内容によって使い分けるのも良いでしょう。