faxを使って広告することのメリットとは

最近ではネットワーク環境を使った宣伝広告が主流になりつつあります。サイトやブログを開けば気になる広告が出てきてクリックすればそのサイトに飛ぶことができます。そんな時代の中、faxを使った広告の宣伝方法というのは今なお衰退していません。実際、fax機能が付いている電話機を使用している家庭は少ないです。多くは確実にfax機能を使うことのできる企業や事業所などに向けてなされています。faxで送られてきた広告は必ず誰かの手に取ってもらうことが出来、尚且つその会社に必要な内容であればさらに目に留まるでしょう。広告というものは例え商品が購入されなくても、ターゲットに閲覧してもらう事が何よりも重要なのです。その点でfaxを利用した広告の宣伝方法というのはメール広告や、ダイレクトメールを利用するより遥かに効率が良いといえます。

目に留まりやすいfax原稿とは

手に取ってもらうのと目に留まるとは異なり、自慢の商品をひたすら箇条書きしてfaxを送ったところで、恐らく消費者側の興味は引くことが出来ません。そこで重要なのはデザイン性だと思います。どんな広告もデザイン性が良いものは自ずと消費者の目に留まり、売り上げにも影響が確実に出てきます。会社に届くfaxなら、ほかの書類に混ざって送られてくることがほとんどです。faxは送る側のイメージに直結してくるためやはり専門業者を利用することがおすすめです。どのような内容なのかを筆頭に、商品の良いところなどを分かりやすく記載していく事がポイントであり、何枚にも分けて送られてきたfaxは読む気が失せてしまいます。たった一枚に必要な内容を詰め込むことで広告としての力を大きく発揮することが出来るのです。

faxでの広告とほかのやり方との比較

faxに並んで利用されている広告は多くあり、中でもメール広告と郵便のダイレクトメールの利用が多いです。メール広告は何よりも低コストで手軽に送信することが出来、インターネット環境とメールアドレスさえあれば幅広く情報を展開させることが可能です。添付したURLがクリックされればすぐに情報先へ飛ぶことが出来、反応がわかりやすい上に何度でも送れるため、今最も利用されています。しかしその反面、開封されないリスクがとても大きいのです。迷惑メールを設定していたり、開かれる前に削除されたりと開封すらされないことが多いので、広告としての効果は低いといえます。ダイレクトメールはデザイン性重視で見やすく、連絡先さえ分かっていれば何通でも送れますが、開封されないリスクが最も高いといえます。faxは手に取ってもらいやすく、そして目に入りやすいため広告としての効果は抜群です。

原稿さえあればすぐに実行できるのがfaxdmの強みです。 fax一斉配信事業を初めてから27年の実績があります。 faxdmは見込み客の開拓に適した広告ツールです。 faxdmをアンケートとして利用するなど、様々な活用方法をご提案します。 ターゲットの設定から、原稿のアドバイスまでネクスウェイにお任せください。 市場のリアルな動きに合わせて、すぐに広告が出せるのがfaxdmの強み! faxでの広告配信ならネクスウェイのFAXDMへ